カテゴリー: 未分類

業者で名刺を作る

名刺作成業者デザインテンプレートがある、とはいえ、自分で名刺を作成するのは不安がある、という人が多いのも事実です。名刺は相手に深い印象を与えるだけに、できるだけステキな名刺を持っておきたい、と思うのも無理はありません。そんなときは、名刺の作成業者を利用してみましょう。個人的に使う名刺であれば、安く大量に作ることだけが目的ではないので、こだわって名刺を作ってくれる業者を探してみることもできます。ネットでも手軽に注文できるようになった現在では、一言に名刺作成業者といっても選択できるデザインが多い業者や、短納期で仕上げてくれる業者など、その特徴はさまざまです。

デザインの選択方法も、全体デザインだけでなく、いくつかのパーツを選択することで、無限に近い選択肢を提供してくれる業者もあります。業種や趣味、飼っているペットなどにあわせて選ぶだけで、十分個性的な名刺になります。使用できるフォントや取り扱っている紙質のバリエーションにこだわっているところであれば、見た目や手触りで印象づけることもできます。デザインにこだわっている業者であれば、デザイナーがイメージにあわせたデザインを作ってくれるところもあります。自分のこだわりや好みにあわせて業者選びができれば、少し費用がかかっても、しっかりとアピールしてくれる名刺を作ることができますね。

情報のデジタル化がすすみ、必要性がなくなってきた、とも言われる名刺ですが、今でも、印象づけツールとしての重要性は健在。あなたにあった作成方法で、上手にアピールしてくれる名刺を作りましょう

 

皆さん名刺の印刷どうしていますか

私の働く会社はデザインを提供する会社ですが,名刺を印刷屋に出すほどの多くの社員はいません。営業は社長が一手に請け負っていますので、極端に言えば名刺をたくさん消費するのは社長のみです。他の社員は全てデザイナーですのであまり名刺を交換する機会もありません。おまけにデザイナーの性でしょうか、妙にデザインに凝ってみたり、素材に凝ってみたりとするかと思えばすぐに飽きてしまったりとわがまま放題。名刺を手配する側からすると困っていましたが、近頃は自社のプリンターで作ってしまう事にしました。印字は印刷と違っていまいちですが、デザインを変えて色々な種類を作ってしまえるというメリットは我が社にピッタリですね。今はSOHOと呼ばれるような小さなグループでお仕事されている方が多いですが,皆さんどうしていらっしゃるのでしょうか。町の印刷屋さんというのがめっきり見かけなくなりましたので、「版」があるのでリピートすれば値段が安いというメリットも無くなりましたよね。

 

名刺を持つことが憧れだったけれど

現在私は会社勤めをしていないのですが、簡易的なご挨拶カードを持っています。名前と携帯番号、アドレスを、パソコンで印刷した小さなカードです。若い人なら、すぐ携帯の赤外線通信でアドレスの交換をするのでしょうが、私はそんなに使い慣れていないし、去り際や急いでいる時にさっと交換したいことも多いので、そういったものを持ち歩いています。初めて会社に就職した時、自分の名刺を持たされました。会社の規定のデザインでシンプルに作られたそれは、本当に自分の名前と所属を伝えるだけの紙にしか見えませんでした。勿論そういうものだとは思いますが、実際手にしてみると、会社に縛り付けられたような違和感がありました。その後会社を辞めて、自分個人で別の仕事を始めました。その関係で人と会うことも増えていき、ご挨拶をすることもありました。そんな時、やっぱり名刺という存在は便利でした。

今では、自宅のパソコンで簡単に作れるし、印刷会社で安価で作ってもらうことも出来るので、昔のように会社勤めをしないと持てないもの、という感覚はなくなりました。デザインも好きに作れるし、会社規定の地味なものではなく、目に留まるようなものを考えることが出来ます。あんなに遠い存在に感じていたのですが、今ではこんなに簡単にもてるようになって、憧れという存在ではなくなったなぁと、時代の流れを感じてしまいました。

 

自分で名刺を作る

自分で作ってみる自由に名刺を作りたいなら、まず、自分で作ってみるのもおすすめです。ワードなどを使って、自由にレイアウトできるため、楽しみながら必要な情報をレイアウトし、自分だけの名刺を作ることができます。デザインに自信がない、という人も、Web上では、個性的なデザインの名刺テンプレートもたくさん配布されているので安心。基本デザインにあわせて、必要な情報を入力するだけで、自分で作ったとは思えないデザインの名刺ができあがります。

印刷する用紙もさまざまなものが販売されています。会社で使うような真っ白いものだけでなく、ピンクやグリーンなどのカラータイプ、趣のある和紙やクラフト紙のもの、変わったものでは、メタリックフィルムや透明フィルム、トレーシングペーパーなどの名刺用紙も手頃な価格で手に入ります。いずれも、家庭用のインクジェットプリンターで印刷可能。印刷用のソフトも無料で配布されており、そこから選択できるデザインも豊富です。10枚程度、まずは作ってみたい、という場合は、試してみてもよいでしょう。自分で名刺を作るのであれば、1つの名刺用紙にいろいろなデザインを印刷することも可能。いろいろなデザインの名刺をたくさん作っておいて、名刺交換の際、相手に選んでもらえば、より印象に残る名刺交換になりますね。

 

わたしの勤め先では、名刺の印刷を自分のところでおこなっています

わたしの勤め先では、名刺の印刷を自分のところでおこなっています。現在わたしは、IT関連の仕事をやっている会社で働いています。そこでは、日々いろいろなお客さんからのソフトウェアの開発依頼をうけて、本当に様々な装置やシステムやアプリケーション、ツールなどといったものの開発をおこなっています。そんな仕事内容でやっているわたしの会社ですが、本当にいろいろな会社へいくことがあるので、名刺を結構な枚数つかうこととなります。

以前までは、ちゃんとした業者さんに名刺の作成をお願いしていたそうで、しっかりとした名刺が用意されていました。しかし、経費削減ということで最近では自分のところで名刺を印刷することとなっています。これが、はじめはとても安っぽい名刺で社員からは苦情がさっとうしてしまっていました。そして、何度も失敗を繰り返しながら、今では結構な名刺がつくられるようになっていて、社員みんな満足がいっているようです。

 

名刺を何種類も用意する

名刺ではやはり受け取り方や渡し方で判断する人も多いですし、机の上に置くか、どこに入れるかも見ていますね。また忘れる人がけっこういますよね。相手は顔では笑っていますが、心の底ではなめているのかとか、仕事やる気があるのかとか思っていると思います。相手が渡すのに自分が渡さないということは、そこで上下関係が出来てしまうということになります。相手が嫌がるのは無理もありません。それが営業に行った先では挨拶する前に取ってこいと心の中で思われてもしょうがないですね。信じられないことですが人間ですので忘れるのはともかく、切らしてしまうのはよくありますが、それもクリアしての営業や商談ですから、それも評価されるでしょう。

また昼休みなど担当者がいない時などに机の上に置いておくこともよくやりましたが、そのような時はいくつも名刺が置いてあるので、目立つものが良いでしょうね。しかしあまりにも自己主張が強すぎたり、おかしなものは嫌われるかもしれませんので、相手を見て常識的なものを準備しておくのが大切でしょう。ひとつだけではなくて幾つか持っている人もいましたね。それもいいかもしれません。人それぞれいろいろな方法がありますね。工夫しています。

名刺に必要な情報

名刺に必要な情報は、名前と連絡先。ですが、印象づけることを目的とした名刺であれば、名刺に記載する情報には気を使っておきたいものです。サラリーマンが会社から支給される名刺は、会社の名前と住所、自分の名前など、記載事項は決まっていますが、自分で作る名刺なら、入れる情報は自由。名刺を差し出すことで、その後、どんなつながりを作っていきたいかによって、必要な情報を考えましょう。

フリーランス例えば、フリーランスの人が仕事に繋げるために作る名刺であれば「どんなことができるのか」は重要。ブログなどで情報を発信しているのであれば、記載しておくことで、自分をより深く知ってもらうこともできます。趣味のつながりを意識した名刺であれば、趣味をイメージさせる写真やイラスト、ペンネームや雅号、使用しているニックネームなどを入れておくと、会話のきっかけにもなります。最近では、SNSのURLをQRコードで入れている人も多くなりました。その場で、スマートフォンで読み込んでもらえば、そこから会話も弾みます。QRコードは個人でも無料で簡単にできるサイトがあります。Web上の情報やつながりをアピールする場合はぜひ入れておきましょう。

注意しておきたいのが携帯電話などの個人情報。名刺があれば、なりすましや詐欺などの犯罪行為につながることもあります。詳細すぎる個人情報を記載するのは、危険も伴います。

 

写真つき名刺のメリット

あなたの今お使いの名刺はどのようなものですか?昔ながらの名刺は、企業の情報や個人の名前だけというとても取引相手に自分自身の印象を残すには寂しい作りでした。あなたは、取引相手からもらった名刺を見てどう思いましたか?今、手元にある名刺を見て相手の顔を思い出せますか?相手の名前と顔が一致しますか?あなたから名刺をもらった方々も同じようにあなたの顔を思い出すことができなくなっていると思うのです。

名刺というものは、自分の働いている企業のアピールや自分個人のアピールに使うものであり、できる限りそのアピールは相手に印象を与えたいものです。そこで今から名刺を作成しようとしている方々にはぜひ写真つきをオススメしたいと思います。写真つき名刺のメリットは、自分自身の顔が確実に相手に伝わるということ、長期にわたって取引のなかった相手であっても手元に写真つき名刺があるというだけで、顔と名前が一致し取引再開にあたっても円滑に進むと思うのです。

 

名刺の裏には何を刷るべきか

世の中にはいろんな名刺があります。みんな目立つために名刺にいろんな工夫をします。色使いやデザインを変えて、たまにサイズが独特なのがあるけれど、あれは少し困ります。名刺を保管するときにぴったり収まらないのです。さて名刺の裏をどうするかも人や会社によって違います。てんこ盛りに情報が書かれているものもあるし、まったく何も印刷されていないものもあります。わたしが今までもらった中でもっとも感嘆したのは、メモ帳のような罫線だけが印刷されていたものです。

わたしはいつも、もらった名刺の裏に日付と簡単なメモを書いておきます。どんな人だったか、どこで会ったか、どういう経緯で会ったかというようなことです。だから記入する余白も無いような名刺は、それだけで不愉快な気分になります。不思議なもので、そういうちょっとした不快感が、名刺を持ってきた相手や、その会社の印象につながっていきます。そういうわけで名刺の裏は、何も印刷しないか、せいぜいほんの少しだけの情報を記載するだけにして、メモを取れる余白をたっぷり用意してほしいです。

 

 

 

 

名刺を作ろう

社会人としてのマナー重要なビジネスツールの1つが名刺。デジタル化がすすみ、ネットで検索すれば、相手の会社の住所や電話番号はすぐにでてくるようになった時代でも、挨拶の場面での名刺交換は変わりません。フリーランスで仕事をしている人の中には、名刺交換の席で一方的にもらう形になってしまい、恥ずかしい思いをした、という経験をする人も少なくありません。相手が年配の方であれば、「社会人としてのマナー」を問われることにもなります。今後の仕事に関わるような重要な人脈を逃すことにもなりかねません。

最近では、ビジネスシーンだけでなく、プライベートな場面でも、名刺を持っている人が多くなってきました。セミナーや勉強会、異業種交流会などに参加した際には、勤務先のものではなく、オリジナルで作成した個人の名刺を渡す人も増えています。趣味の集まりやオフ会などの個人的なシーンでも、その場にあった名刺を差し出すことができれば、肩書や職業以外の自分を認識してもらえると、作成する人が増えているのです。また、ビジネス用の名刺でも、優秀な営業マンは、自分ならではの情報をいれた名刺を自分で作ることで、印象を深めている、という例もあります。名刺は、自己紹介をして連絡先を伝える、というだけでなく、自分をアピールするツールになってきているのです

TPOにあわせた情報交換ができることは、スマートな大人の第一歩。せっかくなら、自分を上手に表現した名刺を作れたらいいですよね。差し出された名刺が印象的であれば、その人の印象も残りやすくなるもの。このサイトでは、名刺を作るさまざまな方法をご紹介します。

 

自分で名刺の作成をしてみる

会社に入ったとき、営業職だったので当たり前のように支給された名刺。違う会社に入ったとき、誰でも名刺を持てるわけではないことを感じました。子どもが産まれたとき、赤ちゃんを抱えながらお互いの情報を交換するのは難しいと感じることがあり、名刺を代用できたらいいなと思いました。実際、ママ名刺などと検索すればたくさん出てきました。ソフトを使って作成してみようと何度か試みましたが、結局作成しませんでした。ビジネスのイメージがぬぐいきれなかったし、納得のいく名刺を作成するのはとても難しかったです。それに自分の周りでは名刺を作ってまで交換する人はいなかったというのが一番の原因かもしれません。

実際に、名刺を作ってみて感じたことは、どれが一番いいのかを決められないことに困りました。柄が気に入らなかったり、字体ひとつでもとても悩みました。サンプルはどれもよく見えますが、実際に使う場面を考えると合わないなと感じることが多くありました。ビジネスイメージが私の中ではとても強くありました。

 

作って楽しい名刺の作成技術

名刺はビジネスマンにとっては重要なアイテムとなっています。特に初対面では一度に顔から名前までを覚えてもらうことは、困難な場合があり、また受け取った側でも相手を覚えるために必要不可欠なものとされています。営業職などでは名刺は特に使用頻度が高く、中には受け取った名刺の裏側に、相手の容姿や特徴などを細かく書き記している方もいます。以前は名刺の作成には主に専門の印刷業などを営む企業に依頼することが一般的でしたが、現在では会社によっては、パソコンとプリンターを使用して自主制作している場合も多く見受けられます。

かつての名刺のようにシンプルなものではなく、オリジナルデザインが施されたものが人気となっている一幕もあります。オリジナル名刺では、例えば、自身の顔写真を名刺にプリントしたり、簡単なプロフィールを記したりなど様々なアイデアがあります。その一方で、オリジナル名刺を専門に制作する企業も存在しています。四角形の従来のイメージを払拭して、内容だけではなく、形状に拘ったものも登場しています。

2018年9月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30