カテゴリー: 未分類

業者で名刺を作る

名刺作成業者デザインテンプレートがある、とはいえ、自分で名刺を作成するのは不安がある、という人が多いのも事実です。名刺は相手に深い印象を与えるだけに、できるだけステキな名刺を持っておきたい、と思うのも無理はありません。そんなときは、名刺の作成業者を利用してみましょう。個人的に使う名刺であれば、安く大量に作ることだけが目的ではないので、こだわって名刺を作ってくれる業者を探してみることもできます。ネットでも手軽に注文できるようになった現在では、一言に名刺作成業者といっても選択できるデザインが多い業者や、短納期で仕上げてくれる業者など、その特徴はさまざまです。

デザインの選択方法も、全体デザインだけでなく、いくつかのパーツを選択することで、無限に近い選択肢を提供してくれる業者もあります。業種や趣味、飼っているペットなどにあわせて選ぶだけで、十分個性的な名刺になります。使用できるフォントや取り扱っている紙質のバリエーションにこだわっているところであれば、見た目や手触りで印象づけることもできます。デザインにこだわっている業者であれば、デザイナーがイメージにあわせたデザインを作ってくれるところもあります。自分のこだわりや好みにあわせて業者選びができれば、少し費用がかかっても、しっかりとアピールしてくれる名刺を作ることができますね。

情報のデジタル化がすすみ、必要性がなくなってきた、とも言われる名刺ですが、今でも、印象づけツールとしての重要性は健在。あなたにあった作成方法で、上手にアピールしてくれる名刺を作りましょう

自分で名刺を作る

自分で作ってみる自由に名刺を作りたいなら、まず、自分で作ってみるのもおすすめです。ワードなどを使って、自由にレイアウトできるため、楽しみながら必要な情報をレイアウトし、自分だけの名刺を作ることができます。デザインに自信がない、という人も、Web上では、個性的なデザインの名刺テンプレートもたくさん配布されているので安心。基本デザインにあわせて、必要な情報を入力するだけで、自分で作ったとは思えないデザインの名刺ができあがります。

印刷する用紙もさまざまなものが販売されています。会社で使うような真っ白いものだけでなく、ピンクやグリーンなどのカラータイプ、趣のある和紙やクラフト紙のもの、変わったものでは、メタリックフィルムや透明フィルム、トレーシングペーパーなどの名刺用紙も手頃な価格で手に入ります。いずれも、家庭用のインクジェットプリンターで印刷可能。印刷用のソフトも無料で配布されており、そこから選択できるデザインも豊富です。10枚程度、まずは作ってみたい、という場合は、試してみてもよいでしょう。自分で名刺を作るのであれば、1つの名刺用紙にいろいろなデザインを印刷することも可能。いろいろなデザインの名刺をたくさん作っておいて、名刺交換の際、相手に選んでもらえば、より印象に残る名刺交換になりますね。

名刺に必要な情報

名刺に必要な情報は、名前と連絡先。ですが、印象づけることを目的とした名刺であれば、名刺に記載する情報には気を使っておきたいものです。サラリーマンが会社から支給される名刺は、会社の名前と住所、自分の名前など、記載事項は決まっていますが、自分で作る名刺なら、入れる情報は自由。名刺を差し出すことで、その後、どんなつながりを作っていきたいかによって、必要な情報を考えましょう。

フリーランス例えば、フリーランスの人が仕事に繋げるために作る名刺であれば「どんなことができるのか」は重要。ブログなどで情報を発信しているのであれば、記載しておくことで、自分をより深く知ってもらうこともできます。趣味のつながりを意識した名刺であれば、趣味をイメージさせる写真やイラスト、ペンネームや雅号、使用しているニックネームなどを入れておくと、会話のきっかけにもなります。最近では、SNSのURLをQRコードで入れている人も多くなりました。その場で、スマートフォンで読み込んでもらえば、そこから会話も弾みます。QRコードは個人でも無料で簡単にできるサイトがあります。Web上の情報やつながりをアピールする場合はぜひ入れておきましょう。

注意しておきたいのが携帯電話などの個人情報。名刺があれば、なりすましや詐欺などの犯罪行為につながることもあります。詳細すぎる個人情報を記載するのは、危険も伴います。

名刺を作ろう

社会人としてのマナー重要なビジネスツールの1つが名刺。デジタル化がすすみ、ネットで検索すれば、相手の会社の住所や電話番号はすぐにでてくるようになった時代でも、挨拶の場面での名刺交換は変わりません。フリーランスで仕事をしている人の中には、名刺交換の席で一方的にもらう形になってしまい、恥ずかしい思いをした、という経験をする人も少なくありません。相手が年配の方であれば、「社会人としてのマナー」を問われることにもなります。今後の仕事に関わるような重要な人脈を逃すことにもなりかねません。

最近では、ビジネスシーンだけでなく、プライベートな場面でも、名刺を持っている人が多くなってきました。セミナーや勉強会、異業種交流会などに参加した際には、勤務先のものではなく、オリジナルで作成した個人の名刺を渡す人も増えています。趣味の集まりやオフ会などの個人的なシーンでも、その場にあった名刺を差し出すことができれば、肩書や職業以外の自分を認識してもらえると、作成する人が増えているのです。また、ビジネス用の名刺でも、優秀な営業マンは、自分ならではの情報をいれた名刺を自分で作ることで、印象を深めている、という例もあります。名刺は、自己紹介をして連絡先を伝える、というだけでなく、自分をアピールするツールになってきているのです

TPOにあわせた情報交換ができることは、スマートな大人の第一歩。せっかくなら、自分を上手に表現した名刺を作れたらいいですよね。差し出された名刺が印象的であれば、その人の印象も残りやすくなるもの。このサイトでは、名刺を作るさまざまな方法をご紹介します。

2018年5月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031