名刺を作ろう

社会人としてのマナー重要なビジネスツールの1つが名刺。デジタル化がすすみ、ネットで検索すれば、相手の会社の住所や電話番号はすぐにでてくるようになった時代でも、挨拶の場面での名刺交換は変わりません。フリーランスで仕事をしている人の中には、名刺交換の席で一方的にもらう形になってしまい、恥ずかしい思いをした、という経験をする人も少なくありません。相手が年配の方であれば、「社会人としてのマナー」を問われることにもなります。今後の仕事に関わるような重要な人脈を逃すことにもなりかねません。

最近では、ビジネスシーンだけでなく、プライベートな場面でも、名刺を持っている人が多くなってきました。セミナーや勉強会、異業種交流会などに参加した際には、勤務先のものではなく、オリジナルで作成した個人の名刺を渡す人も増えています。趣味の集まりやオフ会などの個人的なシーンでも、その場にあった名刺を差し出すことができれば、肩書や職業以外の自分を認識してもらえると、作成する人が増えているのです。また、ビジネス用の名刺でも、優秀な営業マンは、自分ならではの情報をいれた名刺を自分で作ることで、印象を深めている、という例もあります。名刺は、自己紹介をして連絡先を伝える、というだけでなく、自分をアピールするツールになってきているのです

TPOにあわせた情報交換ができることは、スマートな大人の第一歩。せっかくなら、自分を上手に表現した名刺を作れたらいいですよね。差し出された名刺が印象的であれば、その人の印象も残りやすくなるもの。このサイトでは、名刺を作るさまざまな方法をご紹介します。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年7月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031