業者で名刺を作る

名刺作成業者デザインテンプレートがある、とはいえ、自分で名刺を作成するのは不安がある、という人が多いのも事実です。名刺は相手に深い印象を与えるだけに、できるだけステキな名刺を持っておきたい、と思うのも無理はありません。そんなときは、名刺の作成業者を利用してみましょう。個人的に使う名刺であれば、安く大量に作ることだけが目的ではないので、こだわって名刺を作ってくれる業者を探してみることもできます。ネットでも手軽に注文できるようになった現在では、一言に名刺作成業者といっても選択できるデザインが多い業者や、短納期で仕上げてくれる業者など、その特徴はさまざまです。

デザインの選択方法も、全体デザインだけでなく、いくつかのパーツを選択することで、無限に近い選択肢を提供してくれる業者もあります。業種や趣味、飼っているペットなどにあわせて選ぶだけで、十分個性的な名刺になります。使用できるフォントや取り扱っている紙質のバリエーションにこだわっているところであれば、見た目や手触りで印象づけることもできます。デザインにこだわっている業者であれば、デザイナーがイメージにあわせたデザインを作ってくれるところもあります。自分のこだわりや好みにあわせて業者選びができれば、少し費用がかかっても、しっかりとアピールしてくれる名刺を作ることができますね。

情報のデジタル化がすすみ、必要性がなくなってきた、とも言われる名刺ですが、今でも、印象づけツールとしての重要性は健在。あなたにあった作成方法で、上手にアピールしてくれる名刺を作りましょう

 

皆さん名刺の印刷どうしていますか

私の働く会社はデザインを提供する会社ですが,名刺を印刷屋に出すほどの多くの社員はいません。営業は社長が一手に請け負っていますので、極端に言えば名刺をたくさん消費するのは社長のみです。他の社員は全てデザイナーですのであまり名刺を交換する機会もありません。おまけにデザイナーの性でしょうか、妙にデザインに凝ってみたり、素材に凝ってみたりとするかと思えばすぐに飽きてしまったりとわがまま放題。名刺を手配する側からすると困っていましたが、近頃は自社のプリンターで作ってしまう事にしました。印字は印刷と違っていまいちですが、デザインを変えて色々な種類を作ってしまえるというメリットは我が社にピッタリですね。今はSOHOと呼ばれるような小さなグループでお仕事されている方が多いですが,皆さんどうしていらっしゃるのでしょうか。町の印刷屋さんというのがめっきり見かけなくなりましたので、「版」があるのでリピートすれば値段が安いというメリットも無くなりましたよね。

 

名刺を持つことが憧れだったけれど

現在私は会社勤めをしていないのですが、簡易的なご挨拶カードを持っています。名前と携帯番号、アドレスを、パソコンで印刷した小さなカードです。若い人なら、すぐ携帯の赤外線通信でアドレスの交換をするのでしょうが、私はそんなに使い慣れていないし、去り際や急いでいる時にさっと交換したいことも多いので、そういったものを持ち歩いています。初めて会社に就職した時、自分の名刺を持たされました。会社の規定のデザインでシンプルに作られたそれは、本当に自分の名前と所属を伝えるだけの紙にしか見えませんでした。勿論そういうものだとは思いますが、実際手にしてみると、会社に縛り付けられたような違和感がありました。その後会社を辞めて、自分個人で別の仕事を始めました。その関係で人と会うことも増えていき、ご挨拶をすることもありました。そんな時、やっぱり名刺という存在は便利でした。

今では、自宅のパソコンで簡単に作れるし、印刷会社で安価で作ってもらうことも出来るので、昔のように会社勤めをしないと持てないもの、という感覚はなくなりました。デザインも好きに作れるし、会社規定の地味なものではなく、目に留まるようなものを考えることが出来ます。あんなに遠い存在に感じていたのですが、今ではこんなに簡単にもてるようになって、憧れという存在ではなくなったなぁと、時代の流れを感じてしまいました。

 

About the author

2018年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031